月刊おぢゃともの休刊につきまして

本日は残念なお知らせをすることになってしまいました。

皆様のご支援を受け、これまで活動してきた「月刊おぢゃとも」ですが、この3月をもって休刊とさせていただくこととなりました。

最大の理由は人材面での不足が顕著になったことです。
おぢゃともは、これまで支援活動として、運営面では多くをメンバーの善意に頼って活動して参りました。メンバーそれぞれが家庭や仕事を抱え、その合間を縫っての活動でしたが、ある一定以上の品質の紙面をつくり上げるため、やはりそれぞれに、多少の無理は抱えての活動でした。

4月以降、それぞれの家庭や仕事における立場も変化する中で、発刊に関わる作業を今後も継続することが難しくなり、休刊という決断をさせていただくことになりました。

少なくとも南三陸町内での配布・取材の面では、資金面を改善し、スタッフを雇用することで、問題を解決できるのではないか、というご助言も多方面から頂きました。しかし、被災地でこのような作業が出来る人材は限られております上に、多くは、すでに何らかの活動を始めており、兼業が難しい状態になっていることが多いようです。特に取材は紙面づくりの核であり、これまでの品質を維持するためには、ある程度の慣れが必要となりますが、そうした経験を積んだ人材を、早急に確保する見込みが立ちませんでした。

また、資金面を増強した際に生じる様々な事務処理に精通した人間が不足していたことも、この方向への展開を妨げる要因となりました。

幸い、南三陸町内の新聞や、その他の印刷媒体は、一部がすでに復旧を果たしており、当誌の創刊当初の状況は改善されています。また、「おぢゃとも」が主要目的としておりました、「慣れない環境で生活をおくる被災者間のコミュニケーションの円滑化」という役割も、仮設住宅への移住が始まってから半年近く経ち、最も必要な時期は過ぎたのではないかと考えております。

とはいえ、まだまだ被災地では不便な状況が続いていることには変わりなく、よりきめ細かい支援が、これからも必要とされている中での休刊は忸怩たるものがあります。また、多くの読者の皆様が楽しみにしてくださっていたこの雜誌を、発展させられなかった点につきましては、
編集長として力の無さを痛感しています。

今後につきましては、3月までは、これまで通り発刊を続ける予定でおります。
その後は発行を休止いたしますが、発行に関わる諸問題の改善が見られ、かつ、おぢゃともを発刊する必要性があると判断致しました際には、再発行を検討する方針でおります。

また、おぢゃともの普及促進にご協力いただいておりました、だんごうお係長はじめ、南三陸水産の社員の皆様には、今後も同町への支援活動の中で、ご協力頂くこともあるかと思っております。おそらく彼らはこれからも変わらず、ふるさとの海の支援に邁進してくださることでしょう。

最後になりましたが、これまでおぢゃともをご支援頂きました愛読者の皆様、サポーターズの皆様、取材にご協力頂きました皆様に心から御礼申し上げます。皆様のお声なくしては、大部分が出版業とは無縁であり、全員が支援活動の素人であるわれわれが、活動をここまで継続することはかないませんでした。本当の意味で、皆様の声で育てていただいた雑誌であると思います。

そして、おぢゃとも活動は休止となっても、われわれはこれからも南三陸町の復興のため、それぞれが、それぞれの長所を生かして力を尽くす所存でおります。どうかみなさまも、復興途上にありますこの町を長い目で見守って下さいますよう、切にお願い申し上げます。

それでは、休刊直前号となります3月号もこれから全力で作成させて頂きますので、ご期待ください。

2012年2月
月刊おぢゃとも編集委員会一同
編集長 須藤洋一

広告

読者の皆様からの声 (1月号)

南三陸deお買い物」様から、おぢゃとも1月号をダウンロードして下さった皆様のコメントを頂戴致しました。心温まるコメントの数々、本当にありがとうございます!
--

■M・I様
南三陸町のボランティアを通して現地の方と、ジュニアリーダーの方にお話を伺う事ができ、その笑顔と親切さに南三陸のファンになりました。
南三陸の方々、くまさん(小池さん)、ジュニアリーダーを応援しています。私も少しでもみなさんが笑顔になれるようにできることをしていきたいと思いますので、おぢゃとものみなさん、よろしくお願いします。

■H・A様
新しい年も月刊おぢゃとも読めて幸せです。ありがとうございます。

■Y・K様
いつもお世話になっております。

本年最初の月刊おぢゃともが無事に発刊されましたね。
早速購入させていただきます。

先月、南三陸町を訪問させていただいた折にはおぢゃともを持参し、活用させていただき、大助かりでした。

報道等で知っていたとはいえ、震災前に見て感じた風景が変わってしまったことを目の当たりにし、改めて心を痛めましたが、ホテル観洋さんから見た志津川湾の美しさは、一昨年訪問したときと全く変わってないと感じました。

実際に再訪問したからこそ気付けたことがありました。
震災があってもなくても、南三陸町にもう一度訪ねようと思っておりましたので、再訪問が叶ってよかったと思います。

一方、観光協会の職員の方とお会いして今日までの貴重なお話をお伺いすることもできました。

町で出会った皆さまには本当によくしていただき、感謝に堪えません。

今年も時間を作って、南三陸町を訪問させていただければと思います。

長くなって申し訳ありません。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

■Y・A様
私は地震が起きてから、初めて南三陸に伺いました。
南三陸の事をもっと知りたい、もっと考えたい。
そんな風に思っています。

■J・M様
月刊おぢゃとも毎月楽しみにしています。再開したお店、少しずつ増えてきましたね。きっとみなさんご苦労されたことと思います。仮説住宅でお暮らしのお母さんたちSKCのみなさん、集会所には電気など通りましたか?おしゃべりに花が咲いても寒いと肩がこりそうですね。どうかお体大切に。漁師ボーイズ、毎月イケメンありがとうございます。

■J・U様
毎月楽しみにしています。
これからも南三陸の今を広く伝えるために頑張ってください。
職場でも案内させていただきます。

■M・T様
いつも一口でごめんなさい。これでやっと、サンタクロース係長の待ちうけを変えられます(笑)可愛かったので、ずっと使っていました。家族に「そのソリ長いね~」と言われ 「もしやロールケーキを連想させるように長かったのか!?販促…?」とちょっぴりダークな連想をしてしまったのはヒミツです(笑) そちらの寒さは厳しいので、取材や配達など、大変だと思いますが、お体に気をつけて。

■H・I様
今年もいろいろ購入させて頂きますよ!

■T・K様
今年もだんごうお係長の活躍を楽しみにしています。

■A・F様
今回も購入しました。
これからもお体に気を付けて活動して下さい。

■M・E様
おぢゃとも、続く限りずっと応援しています。

■K・S様
ごめんなさい!1月号まだもらってませんでした!しっかり読ませていただきます。

あっ、先日妹がボランティアに南三陸にお邪魔したようです。お世話になりました。有難うございました。
これから南三陸の話を聞こうと思ってます。養殖に使う土嚢つくりのお手伝いをしたらしいです。
妹の参加したボランティアバスの企画者がKIプロジェクトというのですが、南三陸のボランティアセンターで売っている「チョコボ」(ちょこっとボランティアになるチョコ)というお菓子の企画をしていて、お土産にもらったのですが、なんとKIプロジェクトはわが町下呂の団体なんです。
下呂と南三陸がつながって嬉しくなりました。
(よそで売っているものですけど南三陸つながりということで堪忍してください)

すぐに2月号ですね。楽しみにしてます。寒いですが頑張ってください。
だんごうお係長もツイッターに来てくださいね!

1月収支

1月号発行に伴う収支をご報告いたします。
(表示されない場合は、表を下方向にスクロールして御覧ください)

本年もおぢゃともをよろしくお願いいたします。

月刊おぢゃともをご支援頂きありがとうございます

気付いたらすっかり年の瀬を迎えていました。
今日仕事納めの方もいらっしゃるかとおもいます。
一年間お疲れ様でした。来年も宜しくお願いいたします。

さて、すっかりお礼が遅くなってしまったのですが、
おぢゃともをご支援して頂いた皆様の中に、
「SBOB(Super Baka Oyazi Bands)」という音楽仲間サークルがあります。
参加している皆様は日本全国各地に住んでいて、普段はそれぞれお仕事をされています。
仕事内容も年齢も様々で、プロのミュージシャンから普通の会社員。
ただし、みんなの共通の趣味が楽器演奏という繋がり。
年に一回は必ず集まって楽しく飲みながら各自演奏を披露しています。
この日ばかりは仕事も年齢差も忘れ、みんなが純粋に音楽を楽しむという趣旨です。
そして今年も10月にそのイベントが開催されました。
僕も参加させて頂き、震災以降久々に音楽を楽しませていただきました。
※そのイベントの様子はこちら

この中で、SBOBオリジナルステッカーの売り上げの一部と、
斉藤俊一くんというミュージシャンのCDの売り上げを全額、
月刊おぢゃともへの支援金としてお預かりしました。
おかげさまで月刊おぢゃともの一ヶ月分の印刷代としてありがたく使用させて頂きました。
本当にありがとうございました。

SBOBに限らず個人的な縁も含め、たくさんの方からおぢゃともはご支援を頂いています。
その皆様の思いも込めて、おぢゃともを南三陸町にお届けしたいと思います。

南三陸deお買い物様より、おぢゃともに寄せられた読者の声

おぢゃとも有償版の配布をおねがいしております、「南三陸deお買い物」様より、おぢゃとも12月号をダウンロードして下さった方々から寄せられたコメントを伝えて頂きました。

ご支援のみならず、暖かいコメントまで頂き、本当にありがとうございます!

今後とも、おぢゃともをよろしくお願いいたします!

(2011/12/19追記)
新たにお寄せいただいたコメントを追加致しました。皆様本当にありがとうございます!門松姿の係長…、確かに気になりますね!

 

寄せられたコメント:

“がっはっは。買い忘れててサーセン”

“先月号を買い忘れていた。がっはっは”

“よみがえれ!塩竈関連からきました。なにかと共同戦線で進めたいと思っております。”

“がんばれ”

“先日、南三陸町の方で「復興なんて気分になれない」と仰る方がいらっしゃって、言葉に詰りました。いろいろな人のいろいろなスピード感を大切にしたいと改めて思った出来事でした。”

“ほんの少しですが、応援の気持ちを込めて!”

“南三陸まで行くことが出来ませんので、こんな形で応援させていただきます。”

“私も頑張ります!”

“12月号発行おめでとうございます!楽しみにしてました。私と同じ様に思われている町内の方も多いはず。。毎回力の入った付録も楽しみです^^この試みが長く続きます様、陰ながら応援しています。”

“横浜にて拝読いたしております。月が進むごとに完成度が増していっているように感じます。毎月楽しみに読ませていただいております。月刊おぢゃともにかかわっている皆さんに思いをはせております”

(2011/12/19追記)
“いつも一口でごめんなさい。ふろく楽しみにしてます。お正月は紋付はかまの係長・・・は当たり前なので、門松のコスプレなんぞいかがでしょう?”

“編集部の皆さん、 お身体に気を付けて活動して下さい。これからも楽しみにしています!!”

“家を失くして施設暮らしが始まった南三陸町の親戚に年賀状もどうかと思い、今年はクリスマスカードを送ることにしました。もちろん、12月号のおぢゃともも同封します♪  先月のレシピの芋団子汁、作ってみました。美味しかったです。発行・配布の作業は大変でしょうが、お体に気をつけて。未だに「ファイルの解凍」にドキドキするアナログ人間より(笑)”